2017|向かえ|「憧れ」竹内健二


最上級生になって、よりうまくなりたいと感じるようになった。

なぜか。

焦っていた。

先輩が引退して、リーグ戦に出てたディフェンスのメンバーが数人しかいない。

自分含め、出ていなかったメンバーがもっとうまくなる必要があった。

もう1つ。

チームに必要とされたかった。

"主務" として、ではなく、"1プレーヤー" として。

やっぱり、試合に出て活躍したかった。

試合に出てる同期をスタンドやベンチから見て、一緒に戦いたいと心から思った。

そんな自分は、

今まで何か残せたか、と言われたら

何も残せていない、としか言えない。

本当に悔しいし、惨めだ。

でもそれは、自分が積み上げてきたものの結果であるし、

結果を残せていない自分のせいだ。

いつも後悔するのは、終わった後。

最後のリーグ戦が始まる。

後悔しないためには、試合に勝って関東制覇するしかない。

それで今までの全てが肯定される。

初めて関東制覇した代の主務。

かっこいい。


© MEIJI UNIVERSITY LACROSSE CLUB