2017|向かえ|「胸を張って」山内康平


元々、まともにスポーツをやってこなかった自分にとって、

ラクロス部の練習はとてもキツいものだった。

今でも、よく続けてこられたなと自分でも思うし、

周りからもそう言われることがしばしばある。

ラクロス自体が楽しいから、続けられたという理由もあったが、

やはり同期の存在が大きかったと思う。

練習中は同期の頑張りを見て、自分も頑張ろうと思えたし、練習外では本当に楽しい時間を過ごすことができた。

だからと言うべきか、一つ上の先輩が引退して最初に感じたのは焦りだった。

それまでも、勿論焦りはあったし、何の取り柄もない自分に対する苛立ちもあった。

けれど、このままでは同期と一緒に最後のシーズンに出れないということを改めて認識したら、今まで以上に強く焦りを覚えた。

あまりに遅い認識だったと思う。

それでも諦めたくなくて、唯一マシだった対人で勝負しようと頑張った。

結果として、

なんとかAに食い込むことができた。

本当に嬉しかった。

これで一緒に戦える、そう思った。

けれど、

これからという時に、足を怪我してしまった。

最初は、すぐに復帰できると思っていたけど、治りが遅い部位だったようで、いつまでたっても復帰の許可が出なかった。

あっという間に、2ヶ月、3ヶ月と経っていった。

途中同期の言葉もあって、許可がなくても復帰しようと考えたこともあったが、

「リーグ戦の途中で消える可能性が残ってしまう以上、それを決めるのは自分ではなくチームだ」

と言われ、それに納得してしまった。

復帰した今、正直自分の状況はひどいと思う。

元々課題だったパスキャやオフボールは後輩に迷惑をかけるレベルだし、頼みの綱の対人も大したことない。

しかし、これは怪我のせいというよりは、これまでの自分の努力が甘かったせいだ。

怪我をしても揺るがないくらい、実力をつけていればそれでよかった。

何を考えようが、これから相当努力しなければ、再びAに食い込むことができないのは明らかだ。

元々自分はセンスがないし、急激に上手くなる素質があるとも思っていない。

できるのは、地道に努力を積み重ねていくことだけ。

自分より上手い後輩がいる以上、チームの勝利のために後輩が出るのは当たり前だと思う。

むしろ、、どんどん活躍してほしい。

同期を、チームを、勝利に導いてほしい。

けれど、それは自分でやりたい。

「一つでも多くの試合に出て活躍し、チームの勝利に貢献したと胸を張って言えるようになりたい。」

ちっぽけかもしれないけど、それが自分の今の想いだ。