2017|向かえ|「今、やりきる」倉部壮眞

August 11, 2017

 

僕たち4年生は最後のリーグ戦を迎えようとしています。

 

 

 

 

2014年4月1日にラクロスの魅力に取り憑かれ、

ただ楽しいだけでやっていたあの頃とは

少し違う気持ちで今ラクロスをしているように感じます。

 

 

 

 

勝ちにこだわって必死にやる、今の方が熱くて好きです。

これほど、スポーツに打ち込めるチャンスはこれが最後です。

 

 

 

 

 

 

 

 

絶対に後悔をしたくありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、未だに練習でも試合でも情けないプレーをしている自分にストレスを感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

振り返れば、僕はまだラクロスで心の底から喜んだことや

満足したことがないように感じています。

 

 

 

一年の時は怪我して半年プレー出来ず、同期試合に出場出来ませんでした。

 

 

 

二年の時は技術不足から毎日怒られ、試合では全く期待されていませんでした。

 

 

 

三年の時は、同期がリーグ戦で活躍する中、ロクに試合にも出れていませんでした。

 

 

 

もっと出来るはずなのに。。。

理想とのギャップにずっと苦しんできました。

 

 

 

今も苦しんでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このまま、最後のリーグ戦を中途半端な努力で迎え、

負けてしまったら、僕は一生後悔すると思います。

 

 

 

高校時代、野球をもっと頑張っていれば良かったなと今でも思う時があります。

これとは比にならないほど後悔すると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4年生になってから、チームを本気で考えてくれる幹部や同期を

本当に心強く感じています。感謝しています。

 

 

 

だからこそ、僕は自分の技術をどう向上するか、

これを徹底的に追求することができています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「試合で良いパフォーマンスを発揮するには、平常心とかメンタルなんかではなく、

 圧倒的に技術があり、だからこそその技術に自信が持て、結果が出せる。」

 

 

という言葉に、僕は心の底から納得しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

試合中に、「落ち着け!」とか「お前ならできる!」なんて言われても、意味がないと思います。

 

 

 

メンタルは技術についてくる。

 

 

 

自信が欲しいなら、結果を出したいなら、

 

 

 

今、練習するしかありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だからこそ、技術の向上にこだわっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4年生になった時に「信念は何か」という質問に、

僕は「自分の理想に近づくこと」と答えました。

 

 

 

これは今でも変わりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

観客全員がすげえと思うプレーをしたいです。目立ちたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、一人一人のチームであり、たったの一人でも手を抜いてはいけない。

 

 

 

自分の役割を果たせばいいのではなく、チームが勝たなければ意味がない。

 

 

 

この思いはより一層強くなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だからこそどんなにきつくても全力でグラボに寄るし、手を抜かず走るし、ゴールに向かう。

 

 

 

どの場面においても、最後まで必死にプレーする選手でいたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は、チームのためにとかみんなのためにというタイプではないですが、

最後のリーグ戦、ファイナルの舞台でみんなで勝ちたい。

 

 

 

そこに貢献したい。

 

 

 

そのために残された時間で後悔のないよう練習していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全員で勝とう。

 

Please reload

© MEIJI UNIVERSITY LACROSSE CLUB